•  

     

     

     

     

     

    「墓の魚」の演劇(Los nematodos)や小説(Gracioso)の世界・・・

  • 悪霊グレイルメイル嬢と愉快な友人達

    ドイツのデッサウの修道院。青年ティオフィリスへの許されぬ恋に悩まされるウルバン・グローデンフェルト神父の前に、ある日、悪霊達が現れ、神父を誘惑する。悪霊達の棟梁ビビコットは言う。少年を共に地獄に連れて行ってしまえば、お前の孤独は癒されるだろう・・・と。26曲のオルガン歌曲により伴奏される、他者への嫉妬、羨望、コンプレックスをユーモラスに描いた古典風のオペラ戯曲。

  • ボティーガス墓地の一夜 

    ~屍を漁る類の魔女の話~

    十九世紀スペイン。詐欺師カンパニージャは、勝負で負けた賭博場に火をつけて逃げる途中に人間の男に扮したイエス・キリストに出会う。生きる意味を知らないカンパニージャを、キリストは様々な幻影や人物に出会う旅に誘う。墓場の魔女、社会主義者、娼婦、悪霊・・。人生の哲学と、真の魂の救済をキリスト教神学を根底に、哲学的に問うユーモア幻想作品。

               

  • ポリチェイラのミサ

    海でナマコを採っていた少年がいた。青春、政治、裏切り、運命・・・。南米のある国を舞台に、一人の少年が独裁者になっていく生涯を詩的に綴る短編。

  • リュウゼツラン

    スガラムディ村の魔女達の起こした嵐で根を失ったアガベ(リュウゼツラン)が、乾燥した赤土の崖の上で横たわっていた。「乾いてゆく・・」醜悪な日差しからの搾取により、水を失い、草は果てようとしていた・・・。あるリュウゼツランが命を渇望する物語を[キリストの十字架上の七つの言葉]をテーマに淡々と綴っていく神学短編。

  • 秘密裏にされていた本当にたくさんの事を

    寂しげに打ち捨てられたムエルト(死)に吠える深夜・・ピニェイロはようやく眠り込む事ができた・・・。激動の長い生涯を閉じるその時、人は何を想うのか?ラテン精神のキリスト教哲学で語られる神と人の短編詩。

  • カンテ・ラピーダの墓石の問答

    19世紀、スペインのカラスコイ山地の墓地で怪我をして動けなくなってしまった中国移民のタンの前に魔女が現れ、死にゆく彼の魂を奪おうとする。しかし、彼は魔女に語りだす。遥か昔、中国の山中で起きた料理人の祖父の不思議な物語を。「死ぬ前にどうしても知りたい真実がある」と。人間の魂の愚かさと迷いを暗闇の山中で厳かに問いかける幻想物語。

  • 「イベリアのサバト」

    第1書簡 ・南欧の娘達・編 〜練習朗読台本〜

    魔女達のサバト、死体を掘り起こす魔女、悪魔が魔女に出す難題・・・。奇妙な南ヨーロッパの民間伝承世界を、幻想的にユーモラスに描き出す短編抒情詩。

  • 「イベリアのサバト」

    第2書簡 墓の香り漂う集会 編 ~練習劇台本~

    魔女達がサバトで交わすユーモラスな対話を、演劇形式で描いた、社会風刺、ブラックユーモア満載の読む戯曲。

  • 「イベリアのサバト」

    第4書簡 埋葬法・編 〜小編成の為の戯言劇台本〜

    魔女達がサバトで交わすユーモラスな対話を、演劇形式で描いた、社会風刺、ブラックユーモア満載の読む戯曲。

  • 見た事のない犬

    二人の道化師がとりとめのない話をしていると、突然、道端に落ちている蝉の死骸が話し出した・・。人間風刺、社会風刺を、白昼夢の様な不条理劇で描く道化芝居。

                

     

  • 「ラ・メルド・ラタンの幻想」

    棺桶に小さな疫病を[導入劇]

    魔女達の奇妙な話を描く短い演劇。「墓の魚」の作品の中でも、前狂言 Obra de teatro Sucia(オブラ・デ・テアトロ・ソシア)と呼ばれるブラックユーモアと風刺たっぷりの読む道化芝居。

  • 第五書簡

    魔女達がサバトで交わすユーモラスな対話を描いた、社会風刺、ブラックユーモア満載の短編。

  • 「魔女の讃美歌」

    導入部 カリホリダエ

    道化達の奇妙な話を描く短い演劇。「墓の魚」の作品の中でも、前狂言 Obra de teatro Sucia(オブラ・デ・テアトロ・ソシア)と呼ばれるブラックユーモアと風刺たっぷりの読む道化芝居。

  • 喉の蛙 Froschgeschwulst

    魔女達がサバトで交わすユーモラスな対話を、演劇形式で描いた、社会風刺、ブラックユーモア満載の読む戯曲。

  • 道に落ちたパンを喰って我々は賛美歌を歌う

    学生運動、千年王国、革命・・・。理想の王国を目指した人間達と、皮肉屋の魔女の対話を描いたブラックユーモア短編。

  • 数学的な概念に過ぎない

    [私]とポレミーク、そして道化のベリロシスは、不思議な世界で謎の修道士達に追われていた。どうもそれは、地下に私が隠したウニが原因かもしれないという。でも、あと少しで私はこの世界の秘密がわかりそうなのだ!!・・・。人間社会に対する皮肉を、白昼夢の様な世界と、詩の様な会話で綴られるマジックリアリズム的な短編詩。

  • ある大罪人の独白

    「私はかつて独裁者だった・・・。」ある男が煉獄で独白する人間の罪、欲望、人生哲学の魂の物語。

  • 「地下墓地の動物園」

    疫病

    詩集「地下墓地の動物園」の16の詩の中の一つ。白昼夢の様な世界と詩の様な会話で綴られるマジックリアリズム的な短編作品。

  • 彼女の飼っている雄鶏が言った

    伯母さんが死んだ。伯母さんは広い世界へ飛び出して、自由を得る為に、愚かな男に束縛などされない為に英語を勉強した。だけど、家の金庫には彼女に使う分のお金が無かったので彼女は大学に行く事ができなかった・・・。大学に行けなかった為に、彼女の飼っている雄鶏はいつも彼女の耳に囁きかける。「教養が無い!!」と。学歴に振り回される人間達のコンプレックスや、哲学をユーモラスに描いた短編詩。